NPO法人

子どもプラザ成田


子どもプラザ成田では、子どもの心を育む文化芸術体験あそび・自然体験を通して、人と関わりながらつながることで、子どもたちが豊かに成長していくことを応援しています。

 

******************

 

 千葉県成田市を中心に、定期的に親子で年齢に応じた生の舞台劇、人形劇、ミュージカル、コンサートなどの作品を観ているほか、たくさんの創造的なあそびや自然体験、ワークショップなど生の体験を実施しています。

 

園児からお孫さんを持つ世代の方まで、幅広い年代の会員で構成されており、皆、活動を楽しんでいます。親子で参加はもちろん、大人の方単身での参加も大歓迎です!

 

(政治・宗教とかかわりはありません。)



お知らせ


ブログ更新しています→★

糸の森の音楽会

 

2022年1022日(土)

 

開場 13:40 開演 14:00 終演 14:50

もりんぴあつうづ MORI×MORIホール

 

チケット代 2,000円(3才以上)

※0~2才は子どもプラザ成田会員のみ入場可能

 

3才~小学3年生の子どもや親子にオススメ!

 

TV出演で話題のストリングラフィは'92年、作曲家の水嶋一江によって考案されたオリジナル楽器です。

 

糸電話の原理を応用しており、絹糸の両端に紙コップを取りつけた非常にシンプルなもので、演奏者が手で擦って音を出します。

 

会場いっぱいに張られた約100本のストリングラフィから、童謡やクラシック、動物の鳴き声まで飛び出してきます!

 

とっても楽しいコンサート、みんな来てね!

 

【お申込み方法】

こちらのページから☟

チケット購入ページ

 

もしくは 

お電話にて受付いたします☟

0476-29-1387

 

開局日 (月・火・木・金10時~15時)

 


森の記憶

 

2022年1022日(土)

 

開場 17:40 開演 18:00 終演 19:00

もりんぴあつうづ MORI×MORIホール

 

チケット代 2,500円(小学生以上)

※未就学児入場不可

 

こちらは小学4年生以上、大人の方にオススメです!

 

TV出演で話題のストリングラフィは'92年、作曲家の水嶋一江によって考案されたオリジナル楽器です。

 

糸電話の原理を応用しており、絹糸の両端に紙コップを取りつけた非常にシンプルなもので、演奏者が手で擦って音を出します。

 

目をつぶって耳を澄ませば、そこはまるで「森の中」

様々なジャンルの曲を美しい音色で奏でます。

 

【演奏予定曲目】(変更の可能性あり)

アイネ・クライネ・ナハトムジーク(モーツァルト)

春(ヴィヴァルディ)

天国と地獄(オッフェンバック)

紅蓮華~鬼滅の刃より~

など

 

【お申込み方法】

こちらのページから☟

チケット購入ページ

 

もしくは 

 

お電話にて受付いたします☟

0476-29-1387

 

開局日 (月・火・木・金10時~15時)

 

 



 

 

 

黄金色の稲穂がまぶしい 実りの季節

里山は赤とんぼやコオロギたちで大賑わい

青空の下 秋の生き物たちを追いかけてみよう♪

 

 

10月9日(日)雨天10日(月・祝)

 

①午前の部10:00~12:00 (受付9:45~)

②午後の部13:30~15:30 (受付13:15~)

 

集合場所:天神谷津(富里市立沢931)

対  象:3歳~小学3年生の親子 各回15世帯

参 加 費 :大人ひとり1000円 

     子どもひとり500円

 

協  力:NPO法人 NPO富里のホタル

主  催:NPO法人 子どもプラザ成田

 

お申込み 9月25日(日)10:00~受付スタート

 

【お申込みフォーム】

 https://forms.gle/AYddUrzaQn12Nmm58

 



子どもプラザ成田のLINE公式アカウントで情報を発信します!


 

お友だち登録してね!

https://lin.ee/2IOuekw


子どもプラザ成田の活動



 

文化芸術体験


 

あそび・自然体験


 

委託事業



ただ今、会員募集中!!


これからの子どもプラザ成田では、舞台鑑賞、あそび体験などが目白押しです!
会員になって私たちと一緒に活動しませんか?
会員になって活動すると、その都度一般で参加するよりお得になっています。
その他、会員限定の活動や会員優先予約ができる活動もあります。
 
仮入会のお申し込みは下記のフォームより受け付けております。    

新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

子どもプラザ成田は、子どもたちが体験する機会をできる限り減らしたくないと考えています。

コロナ禍で活動を続けていくうえでしっかりとガイドラインを策定し、これにのっとった活動を行っていきます。

参加者の皆さまもあらためてガイドラインに目を通してください。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策~ガイドライン~