· 

【里山自然体験】稲刈り


 

Npo富里のホタルの方々と行ってきた

『里山自然体験事業』

最後の稲刈りが無事に完了しました!

 

5月に植えた苗が黄金色に輝く稲に育ち、

たわわに実って収穫を今か今かと待っているよう。

 

前回同様、2家族でペアになり、

鎌を使って稲を刈る人、

麻ひもで穂を束ねる人、

おだがけまで運搬する人というように、

チームワークで行い、

ほぼ全部を刈り取ることができました!

 

田植えの時は作業に飽きて、

虫取りにいくなどしていた子どもたちも、

今回は稲刈りの作業に夢中になっていました。

 

田んぼの泥に足を取られて、

思うように動けなかったのですが、

裸足になってガンガン刈り取る親や子どもたちを見て、

最初の頃に比べたら本当に

たくましくなったな~と感じました。

 

自然体験事業を4回にわたって実施してきましたが、

参加者の方から

・普段は人見知りで、自分からいけない子も

周りの人に自分から話しかけている姿が見られた

・兄弟ふたりともとても積極的に

何かに取り組むようになり、

また、初めて合うお友達とも

恥ずかしがらずに遊べるようになったと思います

 

など子どもたちの成長を喜ぶ

親御さんの声もたくさん届きました。

 

こうした声を聴くと、

がんばって準備して開催した甲斐があったな~

とつくづく思います。

 

本来ならのびのびと育つはずの

成長期の子どもたちに、

色々な制約を求めなければいけない

今のこの状況は異常事態です。

 

どうしたら、子どもの体験する機会を奪えずすむのか?

この一年余り私たちはずっと考えてきました。

 

今回、富里のホタルさんもこの状況を憂いていて、

子どもたちのために!という共通した思いが、

素晴らしい体験活動を行うことができた

原動力になったのではないかな?と思います。

 

富里のホタルの皆さんには、

自然と真摯に向き合うことがどんなに厳しい事なのかを

教えてもらうとともに、

田んぼの管理などもしていただいて

本当に感謝しています。

ありがとうございました。

 

ご参加くださった皆さんもありがとうございました!

また活動を通してたくましくなった

子どもたちに会えることを、楽しみにしています!

 

協力してくれたスタッフもお疲れさまでした!

平均年齢が徐々に上がっている中での活動です。

体調管理には充分気を付けていきましょうね♪

そして、またこんな機会が持てるといいですね!

 

※今回の稲刈りは緊急事態宣言が

千葉県でも発令されている中での活動になりました。

屋外の事業であることで密になりにくいこと、

事前に体調管理をしっかりして

感染防止対策をしっかりとることを前提に

実施しましたことを合わせてご報告いたします。